芝浦工業大学豊洲新キャンパス建設工事
工 事 名 :  受雷針設置工事

今回の工事の特徴
 芝浦工大の接地工事(受雷装置)が始りました。土壌は粘土で、遠い昔は海底だったのか土の中から貝殻が出てきました。 穴を掘るのにスコップに土がついてしまい、1回1回掘る度に土を落としながらの作業でしたが、当社マニュアル通り、1接地極121の角・針極の布設で0.3Ωという低抵抗値になりました

放電極付接地銅板
放電極付接地銅板

放電極付接地銅板
放電針付V型 HDZ55 銅板及びV型布設
放電針付V型 HDZ55 銅板及びV型布設
接地銅線T型圧着 低減剤混合
接地銅線T型圧着 低減剤混合
低減剤流入 仮測定値0.3Ω
低減剤流入 仮測定値0.3Ω
芝浦工業大学のアース工事は完了 芝浦工業大学のアース工事は完了
芝浦工業大学のアース工事は完了
お隣に建設中のIHI石川島播磨重工TXビルも「受雷針及び受雷装置」で施工することになりました。 お隣に建設中のIHI石川島播磨重工TXビルも「受雷針及び受雷装置」で施工することになりました。
お隣に建設中のIHI石川島播磨重工TXビルも「受雷針及び受雷装置」で施工することになりました。